それでも起きた時に

Pocket

普段は安全運転をしているのに、ほんの一瞬気が緩んでしまった。きちんと確認した「つもり」だった。いきなり巻き込まれてしまった…もしも事故に合ってしまったらどう行動すれば良いのか。咄嗟のことでパニックにならないために、知っておくことはとても大事です。

まずは、人命第一です。相手のいる事故の場合、両者に怪我がないか確認します。車を動かせる状態であれば、安全な場所に移動し、必ず警察を呼んでください。警察を呼ばないと、事故証明が下りず、保険も下りません。救命処置が必要な状態の人がいれば、同時に救命処置を開始します。救急車が必要な場合、警察に連絡を入れた際にそのまま手配してもらえる事もあります。警察が到着したら、事故の状況など聞かれたことに正直に答えましょう。事故の相手との連絡先の交換を勧められるので、住所、氏名、連絡先、加入している保険、車種やナンバーなどの情報を交換しておきます。自分の加入する任意保険にすみやかに連絡し、自覚症状が無くても念のため病院に行っておきましょう。ここから先は、保険会社同士の交渉になります。当事者同士の直接の示談交渉や、医療費の請求などはトラブルの元です。絶対にしないでください。

参照資料—交通事故示談の流れ【交通事故被害者救済サイト】